婚姻現金を貯めないと!

もともと困窮な当方夫婦が、ウェディングをあげることになりました。
なんとかなる、と安易なアイデアで式場観戦に行き、その場で決めてしまいました・・。

気づけば先半年に品種を控えているのに、経験はほぼ不在だ(笑)
品種のコストは後払いで助かりましたが、半年で50万~100万円くらい貯めなければなりません。
ダディは相変わらず、なんとかなるさ~と貧乏人を勘様子です(泣)

しかも、このタイミングで僕は条件を乱し、就業を長期で休むことになりました。
もうどうにもなりません(泣)

決めてしまった事は仕方ないので、どうにかしないといけないと思い、もらえることから心がけることにしました。

それでは節約です。
押し寄せる値段はほぼ決まっているので、支払を控えることは最重要だと考えました。
といっても、意外と難しいです(汗)

普段、正午は仕事場の友人とLunchに行ったり、コンビニですましたりと、お財布にも体躯にもよろしくない生活をしていました。
なので、取りあずお弁当としてみます。
午前早起きするのが苦手なので、前日の夜に、ディナーの上を利用して作ったりしました。
大勢見積もっても300円前後で焼けるので、Lunch料金1000円やコンビニエンスストア弁当500円からすると、だいぶ節約できたような気がします。
そうして、今節約している時代だという認識ができるので、自己ハピネスもできます。

但し・・・これだけでは、嫁入り資金がたまるはずありません(泣)

他にも光熱費やら、日光用品やらを節約しないといけないのですが・・
普段から、電気はつけたら無くすとか、日光用品も安いものを購入したり、それなりに節約をしているつもりだったので、これ以上どうしたらよいものかと戦意紛失インサイドだ(笑)

先日、私の父に、「給与は追っ掛けてはいけない」ということがあるのですが・・・。
追い掛けずに、如何に給与を貯められるのかを教えてもらいたかったです。車査定・買い取りするならどこ?